http://www.weekly-net.co.jp/manufacturer/post-9900.php

トラック製造大手日野自動車で新支店が開業

"新支店は敷地面積が約1万4000平方m、整備工場の延べ床面積が5100平方mと日野販社では最大級の規模。CO2排出量低減を図るため、LED照明やハイブリッドエコ給湯システム、バイオ式工場排水処理装置に加え、高効率な空調システムなど最新鋭かつ環境に配慮した設備を導入している。"

引用:物流ウィークリー 5月23日

昨今のトラック開発もエコ志向が急速に高まりつつあり、その進化スピードには驚かされるばかりですが、 営業支店にもエコ志向の設備が導入される流れにあるようです。私の勤務先は私のデスク周りだけ冷房が届かないのですが、 これもエコ志向の企業努力の賜物なのでしょうか?